心を込めてすべて手づくり おひとつイカが?
瀬戸内海の美味をあなたに…。丸尾漁港にあがったイカをひとつひとつ手作業で丁寧に加工しました。まあ、食べてみっちゃ。
おひとつイカが?
商品名 おひとつイカが?(うすしお・本じお)
名 称 のしいか
原材料名 甲いか、塩
原料原産地名 山口県宇部沖産
内容量 30g
賞味期限 製造日より30日

「おひとつイカが?」は、私、山口県宇部市丸尾漁港の酒井雄治が、漁・加工から販売まで一貫して行っています。
水揚げ直後の新鮮なイカを開いて、太陽の下に干しました。海の恵みがたっぷりの、他では出会えない、まさに限定品です。

新鮮な材料を使っているからこその噛みごたえ、噛めば噛むほど味わい深いのも「おひとつイカが?」の特長です。
しっかり噛んで味わいながら、あごと歯も元気にしましょう!

イカは、高たんぱく低カロリーで、海のスタミナ・タウリンがいっぱい。手軽に食べられる「おひとつイカが?」は、とってもヘルシーなスナックです。
自然な塩味の「うすしお」は、お子様のおやつにもぴったり。
天然塩で仕上げた「本じお」は、お酒のお供におすすめです。

添加物を一切加えていないので安心して、小さなお子様からご年配の方まで、ご家族みんなでお楽しみいただけます。


おひとつイカが?

(うすしお・本じお)
  30g入り 350円(税込)

※オンラインショッピングでも販売中! 詳しくはこちらをご覧ください。





豊かな漁場、山口県宇部市丸尾沖。私の船・新栄丸の拠点です。
この海で漁獲した甲イカを漁師の私が吟味し、原料から製品になるまで心を込めて手作業のもと管理します。


(1)漁獲
甲イカ漁は、4〜7月。産卵のため浅瀬に集まってきた甲イカをかご漁でとります。
(2)選別
たくさんの甲イカの中から、身の厚い形のいいものだけを選んでいきます。
(3)加工
これが甲イカです。日本海のイカとは形が少し違います。捕れたての甲イカの皮をはいで、加工していきます。
(4)天日干し
処理が終わった新鮮な甲イカを約10時間干します。
天気も重要なポイントです。
干し終わったイカは、天然の塩だけで調味し(本じおのみ)、パッケージにつめて製品になります。


心を込めた丁寧な仕事で完成した おひとつイカが? です。
添加物ゼロの自然なおいしさ。 海の恵み、太陽の恵みと栄養がたっぷりつまっています。




オンラインショッピング